kudoma.jp

BUG REPORT & DIARY

情報を送ること&意見を聞くこと

お久しぶりです。

 

前回はたくさんの人にリツイートやシェアをしていただきまして

たくさんの意見を聞くことができました。皆さんありがとうございました。

 

僕がこうしてブログをやろうと思ったのは

情報を見る・受け取る側から情報を発信する側になりたい、というのがありまして、

それで前回発信したわけですが、情報を発信することってとても怖いですね。

 

前回、ツイッターfacebookに投稿ボタンを押す時、物凄くためらいました。

 

どちらのSNSでも普段から使っているものに投稿しましたが、

結果的に家族・親戚・古くからの友人・最近知り合った人まで

今まで親しくしてきた人のほとんどに自分の考えを発信することになりました。

 

結果としてたくさんの人がリツイートとシェアをしてくれて

自分の周りでは「良い・悪く言わない・肯定的な」反応の方が多かったのですが

全員がそう思ってくれたわけではないでしょう。

 

実際、「うわ、意識高い系だな(笑)」みたいな反応もありました。

 

しかし、こうして記事を書くことで、すごく自分の思考を整理できたと感じています。

批判が怖くて不安も多少ありますが、リターンはとても大きいです。

僕の場合は近くの方のおかげもあり、普通ではありえない数の方に見てもらいました。

色んな意見を聞く機会、しかも5000人くらいの人が無名の一人の若者の意見を聞くことなんてそうそうありません。改めて本当にありがとうございました。

 

多少の批判の不安と言いましたが、実は批判もマイナスではないんですよね。

精神的にはきついのかもしれませんが、批判は「自分とは異なった見解」なだけで、

もしかしたら自分が知らない情報があるが故に批判をしているのかもしれないので、

新しい情報が入ってくる可能性もあります。

 

自分のしっかりとした考えを持つことはもちろん大切なのですが

もし批判があった場合には、それがどの根拠から発せられているのか

思考をめぐらせて、柔軟に対応することが大切ですね。

 

ただ、批判がないから自分の意見は合っていると思い込むことは気を付けたいですね。

自信になることはとてもいい事ですが、それが慢心になってはいけないと感じました。

 

最後に、これは大切にしたいと思ったことをご紹介します。

 

僕が普段見ているkonifarさんのブログです。

konifar.hatenablog.com

 

説教するときに「馬鹿」とか「アホ」とか混ぜて喋ること、たまにあるかと思います。

その人にちゃんとできるようになってほしいという思いから話をしていると

思いますが、記事にあるように汚い言葉は本当に混ぜない方がいいです。

 

人間は感情で動く生き物でもあるので、いかに自分のために言われているとはいえど

汚い言葉が混じっていると素直に聞けなかったりします。

 

本当に伝えたい、こうなってほしいと思うのであれば、

やはり言葉は選んで冷静に話す必要がありますね。

 

先日僕も誤解を招くようなツイートをしてしまったので反省しました。

 

僕もこの点には気を付けて今後書いていきたいと思います。